不動産ブログ

不動産ブログ

ブログ一覧

≪ 民法改正のポイント!!知っていましたか?!≫


2020年民法改正の為、大規模な改正がありました。

賃貸管理の実務において『連帯保証人』に関する規定は十分注意しなければなりません。





そもそも連帯保証人って??

そんな方もいらっしゃると思いますが、要は契約者と連帯して債務を負担する人のことです。



家賃を滞納したら連帯保証人は同じように支払い義務が生じます。




今までの民法では、連帯保証人は契約者が家賃を滞納し続ける限り、

際限なく連帯保証しなければなりませんでした。

そのため連帯保証人の負担が大きすぎると以前から議論されていたのです。





限度額を定めることにより連帯保証人が立て替えなければならない家賃等の限度額

という意味になるので、例えば100万円の限度額を定めた場合は、100万円以上の

支払いは必要なくなるということです。





連帯保証人という意味合いもしっかりと確認されたうえで、

連帯保証人になる、お願いするが大切です。





また、連帯保証人をたてるのが難しい場合などは保証会社を利用することも可能です。

どちらが一番安心してリスク回避できるかはひとそれぞれですが、保証会社を利用することで

煩わしいお願いが無くなるので一つの方法かもしれませんね。












更新日時 : 2020年06月25日 | この記事へのリンク : 

≪ 神 奈 川 県 緊 急 事 態 宣 言 解 除 ≫


新型コロナウイルス感染症対策により、神奈川県は感染拡大防止と経済活動の維持両立を

図るため色々な方針で対応しています。





1、情報提供・相談対応


2、まん延防止対策


3、サーベイランス・医療の提供


4、経済・雇用対策等


5、物資・資機材の確保




上記のほかにもいろいろと対策をされています。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


https://www.pref.kanagawa.jp/docs/bu4/covid19/taisyohousin0525.html










5月25日に解除されましたが皆さんも引き続き『マスクの着用や手洗いを徹底する』

『3つの密を避ける』『感染防止対策がされていない場所には行かない』など

ひとりひとりが気をつけることで感染拡大を防ぐことができます。

皆さんが安心して生活できるように協力して乗り切りましょう!






大昇住宅はコロナ対策を徹底しております。

お客様が安心してご来店いただけるよう最大限努めております。

また、コロナウイルス感染でご不安な方はご相談下さい。

出来るだけご希望に添えるようご提案させていただきます。
















更新日時 : 2020年05月31日 | この記事へのリンク : 

≪ 〜大切な資産を守るためには〜 ≫


◆ 物件の管理業務とは ◆


物件の管理には、自主管理管理会社に委託する管理委託があります。

主なものでは、入居者のマネージメントに関する業務として、入居者の募集・現地案内、

賃貸契約の締結・更新、家賃の入金管理、家賃滞納者への督促・回収、

入居者からの問合せ・トラブル・クレーム対応、退去時の立会い
などがあります。

建物の管理業務では、
敷地や共用部の清掃、建物や設備の点検整備・補修など

業務があります。これらの業務を自分で行う自主管理のメリットとしては、管理委託料が

発生しない分、
利回りが高くなる点です。

また、オーナーとして経験を積むことで
スキルが高まるメリットがあります。

デメリットとしては、
入居者のトラブルやクレームに対し365日24時間対応

しなければいけないことです。上記をひとりで行うにはかなりの手間や労力も要り、

ストレスもかかります。

大切な
資産を守るためには良い管理会社を見つけることをお勧めいたします。

また、不動産投資を始めたばかりの方も自主管理ではなく管理会社のノウハウを

勉強されるのも良いと思います。
















更新日時 : 2020年04月24日 | この記事へのリンク : 

≪ 〜 防災地理情報の集め方〜 ≫



皆さんは日頃から防災について意識を向けていますか?


昨年同様、自然災害や気象災害、地象災害はいつ起きてもおかしくありません。


先ずは、防災地理の情報を集めることが大切です。


住んでいる地域の情報を知ることで、危険から守ることができるからです。






ハザードマップを中心に入手する方法を解説します。



1. 国土交通省のサイト

最も手軽に入手できる方法として、国土交通省のハザードマップポータルサイトがあります。




2. 各市町村のサイト

GoogleやYahoo!などの検索エンジンを利用し、市区町村名 防災マップとして探してみましょう。


藤沢市の方はこちらから閲覧できます。





3. 自治体の防災関係部署の窓口

市町村によってはホームページにに掲載しておらず、窓口で配布している場合もあります。

役所で法廷事項を調査したついでに資料を収集されるとよいでしょう。











更新日時 : 2020年03月24日 | この記事へのリンク : 

≪ 節分・豆まきの由来 ≫


今日は節分の日ですね。皆さんは豆まきを行いますか?

節分は季節の節目となる『立春』『立夏』『立秋』『立冬』の前日のことをいい

年に4回あるそうです。昔は、季節の分かれ目には邪気が入りやすいと考えられていましたので

様々な邪気祓いがあり、豆まきもその行事の一つでした。






昔は邪気の象徴とされる形の見えない災害や病、飢餓などの恐ろしい出来事は、

鬼の仕業と考えられてきたようです。

そこから鬼を追い払う豆ができたようです。そして豆を煎ることで、

魔の目を射ることに通じるため、煎った大豆を使いこれを『福豆』といいました。






豆まきは大きな声で『鬼はそと!福はうち!』と言い、

豆まきは家長の役目とされ家の外と内に豆をまきます。

豆をまいたら、鬼が入ってこないようすぐに戸を閉めましょう!

そして、一年間無病息災で過ごせるよう、年の数だけ福豆を食べましょうね。










更新日時 : 2020年02月03日 | この記事へのリンク : 

≪ 保証人に対する説明義務 ≫



2020年4月1日の改正民法の施工に合わせて、個人の

連帯保証人の責任について、限度額の記載が必要になりました。

今回は分かりやすく連帯保証人保護に関する問題例としてあげてみました。




【 問題 】

改正民法では店舗賃貸借で個人に保証人になってもらうのに、

借家人となる会社は、借主の会社の他の借金資産状況を保証人に

説明しなければならなくなったと聞いたが、本当でしょうか?

借主が保証人に説明をしなかったり、嘘の説明をしたらどうなるのか?





【 答え 】

借主は保証人になる事を依頼した個人に対し、借主の財産・収支の状況、

借家契約の債務以外に負担している債務の有無、額及び履行状況等に関する情報を

教えなければならない。また、説明をしなかったり、虚偽の説明をしたりと

保証契約を締結したときは、貸主が契約を取り消すことができる。













民法改正により、個人の保証人を保護するための改正法となりました。

連帯保証人になる際はトラブルを避ける為にもご自身で確認する必要があります。





更新日時 : 2019年12月02日 | この記事へのリンク : 

≪ 入居者トラブル問題!悪臭やゴミ問題 ≫


生活していると思わぬトラブルに遭遇することがあると思います。

音の問題、ゴミ問題、水のトラブル等ありますが今回は臭いのトラブルについて

お話しいたします。







まず、悪臭のトラブルについてですが毎日毎日、悪臭を我慢することは

耐えられませんよね。

住宅から生じる臭気については直接規制する法令は定められていないのが現実です。

しかし、事業活動によって生じる悪臭については『悪臭防止法』が定められており、

工場等の事業所が、アンモニア、メチルメルカプタンその他不快なにおいの原因となり、

生活環境を悪化させるおそれのある物質を排出することは規制しています。





では、集合住宅で近隣住民がベランダにゴミをため込んでしまったらどう対処すればよいのでしょうか。

直接本人へ伝えることが難しいと思いますが、本人へ迷惑行為だと伝え、

また、それでも対応しない場合は入居者に対して、不法行為に基づく損害賠償請求、

賃貸人が対応しない場合の賃貸人に対する損害賠償請求、区分所有法第6条1項違反を

理由とする区分所有建物の使用の差し止め(区分所有法58条)、賃貸借契約の解除による

建物の引渡し請求(区分所有法60条)と対処することが出来ます。

なかなか個人だと難しいと思いますので管理会社等にお願いすると良いと思います。













更新日時 : 2019年11月18日 | この記事へのリンク : 

≪ ☆☆ 宅建士の歴史と傾向 ☆☆≫


本日は宅地建物取引士の試験日となります。

大きく変化しつつある宅建士試験の歴史を調べてみました!

宅地建物取引士は1985年に今の国土交通省が公正な取引が行われることを

目的として創設した資格です。

はるか昔は多額の手数料を請求したり権利のない土地を売買したりと

無法状態だったようです。

昭和33年に初めて宅建試験が行われましたが法令集の持ち込み可能だったようですね。

合格率は当時90%と現在と比べると羨ましい限りですよね。笑

それから昭和40年に『宅地建物取引主任者』と呼称になり受験料は500円!!

びっくりですね!ちなみに現在は受験料7,000円となります。

そして平成27年4月1日より『宅地建物取引主任者』から『宅地建物取引士』に

名称が変更となりました。

近年、平均学習時間の増加や予備校通学者が増えているそうです。

試験難易度の上昇傾向はこのまま続くと思われていますので、

今後はより一層しっかりとした受験準備が必要となるでしょう。

今日は2019年度、『宅地建物取引士』の試験日ですので、

日頃の成果を思う存分発揮してくださいね!

そして最後まで自分を信じましょう!













更新日時 : 2019年10月20日 | この記事へのリンク : 

≪ 台風第19号の脅威!!≫



台風19号の接近に伴い、藤沢市の河川周辺や土砂災害のおそれがある地域に



避難準備・高齢者等避難が発令されました。



神奈川県だけでなく他県にも被害が拡大していることに深刻な事態に陥っています。



洪水浸水想定区域の方や、土砂災害警戒区域以外にお住いの方も不安に感じた方は



直ぐに非難の準備をして下さい。



大事になるまえに先ずはご自身の命を優先し安全の確保です。



また、今回の台風により水の品切れや食材の不足が多くみられました。



日頃の防災意識が常々とても大切だと感じました。



防災アプリなど身近なことからはじめるのもよいかもしれませんね。



















更新日時 : 2019年10月15日 | この記事へのリンク : 

≪ 『 所有者不明土地 』問題 ≫


なぜ登記名義人が不明になってしまうのか?


不明の土地が増えるのは、相続未登記が起こることが理由でもあります。

土地の持ち主が死亡すると、通常相続が発生します。

そして、土地の相続人は登記を行い名義変更をしますがこれは義務ずけられていないこともあり

相続登記を行わない事例が増えているのが現状です。

相続登記を行わない理由はさまざまですが、特に山林や農地を引き継ぐことになったとしても、

もはや使わない土地になっているので、登録をする際にかかるコストを負担したくないという

意識が強くそのまま放置しているケースがあります。

今後、この問題は拡大する恐れがあるため考えていかなければいけない問題といわれています。

問題解消のための取り組みを今後も注視しておきたい一つです。













更新日時 : 2019年09月17日 | この記事へのリンク : 




ブログページブログページRSS配信ボタン
カレンダー
<<        2020年07月        >>
      1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

最近見た物件 (0)