不動産ブログ

不動産ブログ

ブログ一覧

≪ 不動産の有効活用!! ≫

不動産所有者にとっての不動産の有効活用とは、、、

収益を生まない遊休不動産を収益を生む資産に代えていく

アパート、ビル、店舗等の賃料収入を得ることによる賃貸不動産経営者の所得増大により、

財産の貯蓄をはかることができる。

不動産投資に充てることで、さらに収益増をはかることができる。

遊休不動産の固定資産税等の保有コストの経費化

不動産を所有していることで固定資産税・都市計画税が毎年課税される。

有効活用していない土地すなわち更地に住宅等を建てることで税金が6分の1

(または3分の1) となり経費算入分が節税となる。

相続対策

被相続人の意思は生前に、遺言等で明確化しておくことが望ましい。

多くの財産を相続人に渡すためには節税対策が必要である。

相続税は申告期限に現金で一括納付することが原則だが、困難な場合は

最長20年の延納が認められる。

賃貸不動産は収益を生む資産であるため相続税の支払い負担を軽減することができる。


賃貸不動産の経営について、不動産を有効活用する意義を考え購入時にかかる税金や

運用時にかかる税金、資金繰り、賃貸不動産の組替え、さらには次世代への相続など

さまざまな対策を考えなければならない。

更新日時 : 2018年09月10日 | この記事へのリンク : 




ブログページブログページRSS配信ボタン
カレンダー
<<        2018年09月        >>
            1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30           

最近見た物件 (0)